本質を超える生き方の提案

魂の歩き方

その子のプロフィール

「この家が悪いんだ」

 

私の両親は、私が産まれてすぐに、家を建てました。

家を建ててから、母はひどく苦労してきました。
母の苦労は、最初の一言「この家が悪いんだ」に尽きます。
 

詳しく話すとめちゃくちゃ長くなるので、「一家離散」と一言で終わらせてしまいますが、

「幸せな家とはどんな家なんだろう?」

と、小学生の頃から、幸せって?家って?と、考えてきたような気がします。

 

住むことと人の関係に興味があり、建築の勉強をして、風水の勉強もして、古神道を勉強してきました。

その結果、つながってきたのは、家具の配置・インテリアの配置・色の組み合わせ・周りの環境など、私たちが選んできたものや感じられること、身の回りのすべてが、私たちの脳に働きかけている、ということ。

 
さらに言うなら、

私たちの五感は、私たちが感じているよりも、もっと奥の潜在意識にたくさんの影響を与えています。

 

実際に、私の家は風水で家族仲に悪いとされる家でした。

風水は、環境から受ける心理学とも言えます。

 

潜在意識が変われば、考え方や行動、姿勢が変わり、人生が大きく変わることは間違いありません。

 
ただ、自分で意識して変えるのは、結構大変です。

潜在意識は、苦労や変わることを嫌うから。

 
ダイエットがなかなか成功しないのも、潜在意識が変わりたくないと思っているからです。

 

そりゃ、なかなか手強そう。。。

 

と思うなかれ。
潜在意識を変える、簡単な方法があります。

それは、見た目から入る。ということ。

 

女性なら分かると思いますが、家の中ではラフな服ばかり着ているけど、小綺麗なワンピースを着て、ハイヒールを履いて、香水を振ったりすると、すごく上品な女性になったような気分になりませんか?

 
それは、その日だけの気分かもしれませんよね。

でも、家の中でも小綺麗なネグリジェを着て、美しい音楽をBGMに、香水を振ったりしていると、そのうち「上品な女性」が当たり前になっていきます。
潜在意識を見た目から書き換える、とはそういうこと。

 

という感じで、身の回りの環境は、潜在意識に大きく関係してきます。

身の回りの環境を、理想的な空間に変えていけば、自然と理想的な自分に近づいていきます。

 
夢に向かって頑張る人を心から応援しているので、私の知識を少しでもお役に立ててもらえるよう、価値ある情報を公開していく所存でございます。
どうぞ、よろしくお願いします。

■プロフィール■
その子

40歳 
子供2人

二級建築士
収納マイスター
整理収納インストラクター

 

更新日:

Copyright© 魂の歩き方 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.