本質を超える生き方の提案

魂の歩き方

文句を言う人の心理は?対処法はどうすればいい?

更新日:

Sponsored Link

drown-1035271_640

文句が多い人って、周りにいたりしませんか?

 

実は、私も幼稚園の役員をやっていて、
最近まで気づかなかったんですが、こないだ、

「あれ?
 この人、いつも文句が多い気がする。。。

 というか、色々この人の代わりにやっても、
 「ありがとう」って言われたことがない!!」

と、思ってしまったんです。
 

え?私が鈍い・・・??

 
じゃないと思うんですが、一度、
そう思ってしまうと、だんだんと、
そういうところが目についてきて、

  • 片付けとか、面倒くさいことになると、
    いつのまにか、サッと帰る
  •  

  • 幼稚園の悪いところは、すごく指摘するけど、
    いいところは何も言わない
  •  

  • 幼稚園のミスなどで、一番の被害者は私だとアピールする
  •  

  • とにかく、自分の仕事が忙しい。自分の仕事は特殊なのよ。とアピールする
    (だから役員の仕事は許してね?)

と、単なる自己中にしか見えなくなってきてしまいました。

 

文句が多い人って、どんな人なのか、
どう対処していけばいいのか、

私なりの考えを、お話ししていきますね。

 

それぞれ違う人なので、正解はないですが、
周りに文句が多い人がいると、私のように、
気分が悪くなることもありますよね。

少しでもヒントになれば、幸いです。

文句が多い人ってどんな心境なの?

まず、ここでいう「文句が多い人」は、
個人的な苦情が多い人と定義しましょう。

 

文句があるのは、理想があるから、
だと思うんですが、次の2通りに、
タイプを分けてみましょう。
 

  1. 自分も周りも良くしたい
  2. 自分にとって都合が悪い

 
では、順に説明していきましょう。

 

自分も周りも良くしたい

frogs-903159_640

1番の方は、どちらかというとポジティブな文句です。

  • 自分ができるから、周りにも同じことを求める
  • 文句を言うことで、周りの意識を変える
  • 悪いところを指摘して、相手を良くしていきたい

など、その人の中には、
今よりも良くなっている未来が見えるからこその文句です。

 

文句を言われている当時は分からなくても、
今になって見ると、

「お前なー、もっと気ぃ利かせろよー」
「あいつは、ほんと気が利かねーなー」

なんてよく言う上司がいて、
「じゃ、自分でやればいいじゃん」
と思っていましたが、今なら、

先に相手が求めてきそうなものを、
準備しておいたり、行動したり、
そんな気が利く人は、相手のことを想える魅力的な人

と分かるようになりました。

 
その人のおかげで、少しは、
相手が、これから求めるものは?
と考えるようになれた気がします。

 

自分都合主義

frog-1591901_640

問題は、自分にとって都合が悪いから、
文句を言っている人。

どちらかと言うと、ネガティブで、
影でコソコソと言う感じの文句。

 

文句で、相手の価値を下げて、
引き換えに、自分の価値が引きあがる、
と思っていたりします。

 
その奥には、

  • 周りから認められたい、という承認欲求が強い
  • 相手の気持ちを知ろうという洞察力が足りない
  • 相手より自分さえ、という自意識が過剰すぎる
  • 相手に対する劣等感を隠したい
  • 物事の表面しか見えていないことを隠したい

といったものが見え隠れしています。

 

私の個人診断でも、
「悪くなると、こうなりやすい」
と伝えたりしていますが、

エネルギーという面から見ると、
エネルギーが足りなくなっている状態ですね。

 

文句を言って、周りの気をひけば、
エネルギーがもらえる、

というか、

エネルギーを奪ってる状態。

 
もちろん、本人は無自覚です。

 

できることなら、付き合わなければいいんです。

でも、そういうわけにもいかない、
ってこと、ありますよね。
 

では、エネルギーを奪いにきている人と、
どう付き合っていけばいいのか、次へ進みましょう。

 

文句を言う人とのおつきあい

まず、関わらないことができるのであれば、
なるべく、関わらないことが一番!!!

 

でも、私のように同じ役員になったり、
仕事上、どうしても付き合わない、
って場合、次の2つのことに気をつけてみてください。
 

エネルギーはあげない

i-beg-your-pardon-927750_640

エネルギーはあげません。

と、自分に向かって宣言しましょう。

 

私の場合、文句を聞いていると、
だんだん、ウンザリして疲れてきたり、
嫌な気分になってきたりします。

これって、エネルギーが奪われてるんです。

 
エネルギーを取った本人は、一時期は、
エネルギーが回復したように思いますが、
またすぐに減るはずです。

自分でエネルギーを貯めることを知らない、
あるいは、奪うことが癖になっているから。

 
そして、人からエネルギーを奪うことに、
また、エネルギーを使ってしまうんです。

負のサイクルの出来上がりです。

 

その人に会う前、また文句を言い出した時、
あなたに、エネルギーはあげません。
と思っているだけで、ストッパーがかかります。

 

幼稚園の人ですが、基本、
私は文句に対して、スルーできるので、
私を入れた少人数の時には、文句は言わなくなりました。

 
「まさか、この人、エネルギー奪いにきてる!!!」
と気づいた時は、すごく動揺しましたけど。

バリアを張らなくていい人だと、
完全に油断してたのでね。

 

学びに変える

frog-881660_640

よく言われることですが、確かに、
偶然はありません。

 
今この瞬間、エネルギーを奪いにきた、

と言うことにも、何かしらの意味があります。

 

その意味は、人それぞれですが、
ヒントとなる質問をプレゼントしましょう。

その文句となる出来事から、

  • あなたが発見したことは?
  • あなたが本当に嫌だと感じていることは?
  • 文句をプラスの指摘に言い換えたら、どう言う?

人の考えを変えよう、と言うのは、
とても難しいことです。

私も、あなたの考えを変えよう、
とは思っていません。

 

  • 自分から変わること
  • 自分で学びを得ること

が結局、大事かなと思っています。

 
答えは結局、自分の中にあって、
「じゃあ、どうすれば?」
と言う問いを、いつも持ち歩くことが、
大事かなと思います。

 

最後に、自分がエネルギーを奪う側に
ならないよう、気をつけたいことを話していきますね。

 

エネルギーを奪わないために

peace-1125843_640

ここまで進んできて、お分かりかもしれません。

大事なのは、自分を満たしておくこと。

 
エネルギーが足りないから、奪いにくるわけで
満足していたら、別に奪わなくても大丈夫です。

 

満足している状態を、簡単に言えば、
そこそこ幸せ。
と感じる心。

その心があれば、人から奪わなくても十分です。

かなり幸せ、でもいいんですが、
あんまりテンションの高い幸せは、
すぐにエネルギーが出ていきやすいので、注意です。

 

そして、気をつけたいのは「期待」です。

「期待に応えられないと、奪ってやる!」
と言う気持ちが、裏に隠れています。

 

私も、
「今日は、旦那が早く帰ってくるかな」
と期待していると、遅かったりして、
イライラを旦那にぶつけてしまう。

ってことがありますが、これも、

私が勝手に旦那に期待して、その期待に、
応えられなかったことに、イラっとして、
エネルギーを使い、旦那に八つ当たりをして
旦那からエネルギーを奪う。

と、なんとも独りよがりな、奪い方をしています。

 

エネルギーという視点を手に入れると、
文句に、なんとも無駄なエネルギーを使っているのが、わかるはず。

 

最後に、クリスマスキャロルをご存知でしょうか?

「クーリスマスキャロルが〜、微笑む頃には〜」

って歌じゃなくて、物語の方の!

 
自分さえ良ければ、という意地の悪い、
スクルージおじいさんがいたんですが、
未来の自分の死を見たとき、

周りの人たちはとても喜んでいて、
おじいさんの家からも、いろんなものを
盗んで行くんです。

 

因果応報。

結局は、その人に何かしら返ってくるので、
あなたは恨むことなく、前に向かって進んでください。

Sponsored Link

メルマガ登録

こちらからメルマガに登録できます。

お名前  
メールアドレス

-自分の内側の世界
-

Copyright© 魂の歩き方 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.