本質を超える生き方の提案

魂の歩き方

寝室の壁紙の色は何色がいい?安眠できる空間づくり!

更新日:

Sponsored Link

寝室を安眠できる空間にしたい!

と思うのは、当然ですよね。

 
でも、家を見るのが好きで、
完成見学会に回るのが趣味な私から見ると、

「ん??なんでこんな壁紙を選んだんだろう?
 設計者とかコーディネーターは、何も言わなかったんだろうか?」

って寝室を見ることがあります。

 
確かに、施主さんの指示も大事ですけどねー。。。

 

では、安眠できる壁紙の色は、
何色がいいのか、
これからお話ししていきますね。

安眠と色の関係

色って、目に見えていなくても、
面白いことに、肌でも感じられるので、
体温や血圧が変わるんです。

 
例えば、赤い下着をつけても、
トイレとかに行かないと見れないし、
普段は忘れてしまうと思います。

でも、身に付けることで、
体温も上がるし、血圧も上がります。

 

不思議に思いますが、
色は波長なので、意識していなくても、
肌で感じているんです。

 

視覚的には、は落ち着く色で、
安眠もしやすい、と言われています。

が、体温を下げるので、冬には不向きな色です。

Sara Delano Roosevelt's bedroom
photo credit: cmfgu Sara Delano Roosevelt's bedroom via photopin (license)
 

他にも、は清潔感がありますが、
潔癖過ぎて、寒々しい感じもあります。
 

冬に壁紙を張り替えるなら、
それでもいいですが、できれば、
一年中、落ち着いて過ごせる色がいいですよね。

 
ということで、寝室の壁紙の色で、
オススメを3つ、ご紹介しますね。

 

寝室におすすめの壁の色

グリーン

Starlight Inn
photo credit: Terry Hassan Starlight Inn via photopin (license)

人間も、もともと自然の一部なので、
グリーンは落ち着く色です。

ストレスも癒してくれます。

ただし、色は淡い色がおすすめ。

 

ピンク

Guest Room Large DIY Mirror Reflecting Upon White Iron Bed
photo credit: Lynn Friedman Guest Room Large DIY Mirror Reflecting Upon White Iron Bed via photopin (license)

パステル系の薄いピンクなら、
くどい感じにもならず、落ち着きます。

母親の胎内を思い出すからか、
落ち着いて眠れる色です。

 

ベージュ・茶色

3d_bedroom_16b
photo credit: www.3d-environments.com 3d_bedroom_16b via photopin (license)

ニュートラルに保ってくれて、
落ち着かせてくれる色。

メインで使って、一部にグリーンや、
ピンクをアクセントに入れるのも、
おすすめです。

 

まとめ

安眠につながる壁紙の色は、
淡いグリーン、淡いピンク、ベージュ系でしたね。

オススメは、ベージュ系の壁紙に、
気分によって、カーテンや寝具カバーを変える方法です。

 
壁紙を変えるとなると、大変ですが、
カーテンや寝具カバーなら、手軽に変えやすいですもんね。

 

とは言っても、安眠するには、
壁紙以外にも、照明やカーテン、家具、
寝具なども気をつけましょうね。

Sponsored Link

メルマガ登録

こちらからメルマガに登録できます。

お名前  
メールアドレス

-家の中の話
-

Copyright© 魂の歩き方 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.