本質を超える生き方の提案

魂の歩き方

否定しない生き方で運を開く

更新日:

Sponsored Link


photo credit: AdamCohn Smiling Old Woman Portrait, Java Indonesia via photopin (license)

「でも」「だって」「どうせ」

 

ご存知でしょうか?

 
私は「否定のD」と呼んでいますが、
この否定言葉って、とんでもなく、
自分や相手のエネルギーを下げてしまいます。

 

良かれと思って友達に話したことを、
「でもさー、それって・・・」
と言われてしまうと、

「あー、なんだか言わなければよかった」
って後悔したりすることないですか?
 

私はあるんですが、そういう
否定言葉を使う人って、その時に本当にそう思ったのか?

っていうと、ちょっと違って、
いつも誰に対しても、普段から、
否定言葉をよく使っているような気がします。

 
それって、無意識かもしれませんが、
無意識で否定から考えてるって、けっこう危険です。

人の意識が届かない、潜在意識では、
主語がないので、自分のことも否定していることになるから。

 
自分のことを否定すると、
自己肯定感が低くなってしまったり、
それを隠そうと、見栄を張ってしまったり、
プライドばかりが妙に高かったり、、、

簡単に言えば、幸福感を感じにくい、
ということ。

 

自分の意見を伝えたい!

とは言え、相手の意見がどうしてもおかしい、
ということもあります。

言わなくていいことは、あえて
言わなくてもいいこともあります。

衝突が分かっているなら、
避けるのがいい時もありますからね。

 

が、一旦、受け入れてみることも、
新しい発見につながることがあります。

 
「へー、そうなんだねー。
 ところで、こういう時にはどう考える?」

など、真っ向から否定するのではなく、
一回受け入れてみることが、自分にとっても、
相手にとっても、大事なことなんじゃないかな。

 
相手の本当の意見が聞けるかもしれない。
違った見方をしているかもしれない。

自分の見解を足したら、もっといいものができるかもしれない。

そして、あなたも受け入れる姿勢で、
幸福感を受け入れやすくなります。

 

どうぞ、良い流れになりますように。

Sponsored Link

メルマガ登録

こちらからメルマガに登録できます。

お名前  
メールアドレス

-自分の内側の世界
-

Copyright© 魂の歩き方 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.