本質を超える生き方の提案

魂の歩き方

人間関係が苦手!克服する3つの方法!

更新日:

Sponsored Link

他人からされたら怒るようなことを人にしてはいけない。

哲学者ソクラテスの言葉ですが、
そりゃそうだ、と思わずにはいられませんね。

 
ソクラテスは、超有名人なので、
ご存知かと思いますが、紀元前400年ほど昔の人です。

議論しては、相手を論破し続け、
逆恨みで処刑されたぐらい、議論が得意でした。

 

そんな哲学者で賢い人でも、
人から恨みを買っていたり、鬼嫁がいたり、

と、昔から人間関係は、
なかなか難しい問題を持っているようですね。

 

人間関係は私も苦手な方です。

周りに合わせているつもりが、
マイペースとか自分の世界がある、
と言われて、周りと合わす事すら難しいと思っていました。

 
今は気楽なもんですが。

人間関係が苦手を克服する3つの方法!

一度、人間不信になったり、
嫌な思いをしたら、人脈を広げるのも、
何だか面倒になってしまいますが、

それでもいいと思うんですよ。

 

人間関係が得意って人も少ないと思うんですよね。

苦手とも得意とも考えずに、
まずは気楽に、ゆっくり休むことも、
必要な時期があるってことです!

 
それを前提に、苦手を克服する、
3つの方法をご紹介しますね。

自分を大事にする

先ほども言いましたが、

自分が疲れているのに、
周りに気を遣っていたら、
さらに疲れ切ってしまって、
自分のためにも、相手のためにもなりません。

 
周りに合わせる必要はありません。
(常識の範囲内で、ですが。)

自分の本音を出せるような安全地帯となる、
場所や人間関係を、小さくてもいいので、
作っておくことが大事です。

 

嫌な思いをさせてはいないか

そもそも、自分も周りに嫌な思いをさせては
いないでしょうか?

 
不愉快な思いをしていたら、
周りにも伝染してしまいますが、
それは、周りに嫌な思いをさせていることと同じこと。

 
不愉快な思いをするなら、なるべく、
近づかないことが一番ですが、
そうもいかない時もあります。

 

そんな時には、質問してみてください。

 
とても理不尽な人がいて、
すごく不愉快だとしても、

もしその人が、自分を成長させるための、
神様だとしたら?

 

大事にしたい人を大事にする

嫌な人に目を向けるのではなく、
あなたにとって、今、
大事にしないといけない人は誰ですか?

 
その人を喜ばせるためには、何ができますか?

その人に伝えたいことは、伝えていますか?

その人を幸せな気持ちにさせるには、何ができますか?

 

嫌なことを考えていると、
人の幸せを祈る余裕がなくなってしまいます。

人の幸せのために動ける人になるには、
まずは1人、誰かを大事にしてみてください。

 
だんだんと余裕が出てきたら、
嫌な人や苦手な人のことも、
幸せにできないか、考えてみてください。

 

最初は難しいかもしれませんが、
口だけでもいいので、

「私の嫌いな人が幸せになりますように。
 私を嫌う人が幸せになりますように。」

と言い続けていると、いつの間にか、
嫌な気持ちを乗り越えていると思います。

 

嫌なことの最中は見えてこないですが、
過ぎ去ってみれば、笑い話になったり、
「あのおかげで」と言うことになっていたりします。

 

私も、今は疲れる人間関係を避けて、
自分が楽になれる人間関係を大事にするようにしています。

 
人間関係の参考にどうぞ試してみてください。

Sponsored Link

メルマガ登録

こちらからメルマガに登録できます。

お名前  
メールアドレス

-自分の内側の世界
-

Copyright© 魂の歩き方 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.