本質を超える生き方の提案

魂の歩き方

風水でリビングにテレビはどこがいい?家族円満になる秘訣?

更新日:

Sponsored Link

ご主人様が家庭にちゃんと向き合うか、
それとも、背を向けてしまうのか、

実は、リビングが関係してきます。

 

背を向けられるのは、ちょっと悲しいですよね。

では、もう少し詳しく話していきましょう!

家庭に背を向けるリビングとは?

家庭に背を向けるようなご主人って、
性格じゃないの??

と思われるかもしれませんね。
確かに、性格もあるとは思います。

 

でも例えば、あなたが、
大好きなドラマを見ているとしましょう。

子供が今日の学校の出来事を話してきたとします。

「今日、学校でね、掃除したんだよ。」

えぇ、どうでもいい話。
落ちのない話。
面白くない話。

(子供に失礼やっ!というツッコミはなしで)

 
普通、話が広がらず
「へー」
ぐらいで終わってしまいます。

どこを掃除したのか?
誰と掃除したのか?
掃除したらどうなったのか?
掃除してどう思ったのか?

本当は、もっと聞いて欲しいかもしれません。

 
でも、ドラマを見ながら、
話半分で聞くあなたに、言いたいことが
言えないのかもしれません。

 

他にも、髪を切っても気づかないご主人に、
「髪切ったんだけどどう?」
なんて、徐々に聞かなくなっていくのも、
よくある話です。

 

いろんな本でも書かれていますが、
繋がりを感じて一体感が味わえるとき、
人は幸せを感じるそうです。

わかりやすい例でいくと、サッカーで、
応援しているチームがゴールを決めた瞬間。
 

1人でテレビで応援している時より、
実際に試合に見に行って応援すると、

観客席が揺れてるのを感じるほど、
歓喜に湧き上がる一体感を感じますが、
その時、人は幸せを感じています。

 
同じ感動や感情を味わいたいんです。

それは、家族でさえも同じです。

 

繋がりを感じるためには、
面倒でも、ちゃんと向き合わないといけません。

 
背を向けていたら、ちゃんと向き合えないし、
今日の雰囲気はいつもと違う、と繊細な空気にも気づかなくなります。

逆に、背を向けられていたら、
「話を聞いてくれなさそう」
という態度で見られてしまいます。

 
特に、家族が揃うリビングでは、
気をつけたいところです。

Bartholomews Cabinet Works - Hamilton Hill
photo credit: Bryan Lee - Bryan Design & Photography Bartholomews Cabinet Works - Hamilton Hill via photopin (license)

具体的にどういう配置が背を向けることになるのか?
というと、

リビングのドアを開けた瞬間、
正面にテレビがあって、ソファの背が
ドア側に向けられている配置。

 
だいたい、一家の大黒柱のご主人が、
テレビの正面に座ると思います。
 

ご主人が端っこに座ってるから、
うちでは問題ないわ!!

という場合も風水的には問題ですが、
話が長くなるので、ここでは置いときますね。

 

母親の場合は、家を守ったり、
子供を育てる本能が染みついているので、
配置はそんなに関係ありません。

が、

背を向けていたら、今日は雰囲気が違うな、
とか微細な変化に気づきにくかったりします。

 
ご主人の場合も、性格的な問題もあるか
と思いますが、潜在的に背を向けるような
配置を選んでいることもあります。

 
じゃあ、どうしたらいいのよ?

ってことを、次にお話ししていきますね。
 

背を向けないための対策は?

背を向けないための対策は、
もう、お分かりかと思いますが、

リビングのドアを開けた時、
ソファが背を向けてない位置
ならOKです!

 
背が見えていても、横向きなら大丈夫です。

 
ちなみに、リビングのドアというのは、
玄関から入ってきた時のメインになるドアです。

 

でも、動かせない配置なんですが!!

という場合、背を向けているのは、
仕方がないので、大事なのは、
ちゃんと向き合おうという意思を忘れないこと!!

 
それだけでも大丈夫です。

 
怖いのは、無意識に背を向けていることです。

無意識は意識に現れてくるし、
意識は無意識にも現れます。

 

とは言っても、正面を向いたからOK!!
ってことではありません。

ちゃんと家族と向き合うなら、
体も心も向き合うこと。

意識することが大事です。

photo credit: Jason Fiori 037 Saturdays via photopin (license)

私も子供たちが何よりも大好きですが、
ちゃんと向き合えないこともあります。

反省しつつ、ちゃんと向き合う時には、
向き合える自分であるように、
心がけるようにしています( ^ω^ )

Sponsored Link

メルマガ登録

こちらからメルマガに登録できます。

お名前  
メールアドレス

-家の中の話
-

Copyright© 魂の歩き方 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.