本質を超える生き方の提案

魂の歩き方

窓ガラスがピッカピカ!!おすすめの掃除方法は?

更新日:

Sponsored Link

窓ガラスがピカピカの家って、きっと家の中も綺麗なんだろうな。

って思いませんか?

 

神様は明るくて清潔で気持ちのいい家が好きです。

気持ち良い家って外から見ていても、
なんとなく伝わりますよね。

分かりやすいところで言うと、窓ガラス。

 

と言っても、なかなか窓ガラスまで手が回らなかったり
窓ガラスの上まで手が届かなかったり、、

って言い訳をしながら、
つい後回しにしてしまうところじゃないですか?

私も、なかなか手が回らないところなんです。

 
そこで、窓ガラスをピカピカにする
オススメの簡単掃除方法をご紹介しますね。

窓ガラスの掃除のポイント

窓ガラスって拭いても拭いても
どうしても跡が残ってしまうことがあったのですが
拭いたそばから、乾いてしまうからです。

なので、窓の掃除は晴れの日よりも
曇りの日の方がオススメです。

窓ガラス掃除のコツと方法

窓ガラスは、内側と外側がありますが
外側から始めるのがオススメ。

それは、内側の汚れが分かりやすくなるから。

 
そして、窓に直接、窓ガラス用の洗剤を
スプレーすると、ムラになりやすいので
濡らした雑巾にスプレーしてから使います。

窓ガラス用の洗剤については、
後ほど詳しく話していきますね。

 
洗剤の雑巾で拭いたら、すぐに水拭きしましょう。

時間がたつと乾いてしまって
汚れがなかなか落ちず時間がかかってしまいます。
 

水拭きが終わったら、今度は乾拭きです。

濡れたままにしておくと
拭いた跡が残って窓ガラスがピカピカになりません。

 
基本は上記の方法でいいのですが
さらに道具を使って、一歩先を目指すこともできます!

 

道具を使った掃除方法

古新聞を使って

昔ながらの方法で、本当かどうか
インクの成分がピカピカにする、と言うもの。

 
方法は、新聞紙を丸めて水に濡らして、
軽く絞ってから一方方向に拭いていきます。

濡れているうちに乾いた新聞紙で乾拭きしていけばOK。

スクイージーを使って

スクイージーの使い方は、
こちらの動画が参考になります。

スクイージーを使えば
洗剤もムラにならずに、きれいに拭き取れますし
手が届かない部分も拭き取ることができますね。

 

窓ガラス用の洗剤

窓ガラスの洗剤は、
そんなに神経質にならなくていいと思いますが

専門家に言わせると、窓ガラスの汚れは
外側と内側で違う種類のものだそうです。

外側はほこりや土。
内側は手垢やたばこのヤニといった汚れになります。
 

外側の窓の汚れは、
よほどひどい汚れではない限り水で落ちるようです。

確かに我が家では外の窓掃除に洗剤は使っていません。
水で汚れをおとして、新聞紙でふき取るだけです。

 
では、内側の手垢を水だけで
落とそうとしても、なかなか落ちるものではありません。

ガラス用クリーナーで大概は落ちますが
たまに、油膜がかえって汚く残ってしまう場合もあるようです。

 
おすすめなのは、キッチン用の洗剤(中性洗剤)を
水で薄めてスプレーし、ふき取るという方法です。

油膜も残らないので乾拭きもしやすいです。
すべりも良いのでスクイージーを使う場合もおすすめです!

まとめ

手が届かない、、、
と、ホースの水だけで済ませていた、
外側の窓も、

結露用に買っていたスクイージーを使って
きれいに拭き取ることができました!

 
もうちょっとマメに窓掃除もしなくちゃ
と思った今日この頃です。

Sponsored Link

メルマガ登録

こちらからメルマガに登録できます。

お名前  
メールアドレス

-家の中の話
-,

Copyright© 魂の歩き方 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.